ノベルログ

フリーゲームのノベル・ADVのレビュー(感想)など

じんがいっ!

2014-04-14-19-18-10


今日から高校生だ!
そう、そう思いたい。多分ここは高校だ。
ちょっと周りの人が変なだけで…。


人外だらけの高校に入学してしまった主人公が、人外の女の子たちと仲良くなる異色ギャルゲー。

3人の人外女子と交流を深めながら、1週間を過ごします。

概ねほのぼのしていますが、さすがは人外。
女の子全員、物騒な一面を持っているので、彼女たちへの接し方は注意するべし。

会話の選択肢によって、恋愛エンド、友情エンド、その他エンドへ分岐します。

「せいほうたい」は知的クールな立方体。
自分の形状がヒトではないことを自覚しつつも、人間としての矜恃を持ち、誇り高く生きようとしているようです。
言動はクールですが、主人公に好意を持つと、素直にその気持ちを伝えてくるのがクーデレ可愛い。
ただし、うっかり彼女の地雷を踏むと、過激にヌッ殺されるので注意。

「たがんちゃん」は5つの眼を持つ元気な女の子。
明るくノリの良い娘で、主人公にも気さくに話しかけてきます。
笑うと、5つの眼が全部ニッと細くなるのが可愛い。
一瞬、命の危険を感じる場面はありましたが、殺されエンドは無くてホッ(笑)

「なめくじ人間」はヌルヌルな体に悩む孤独女子。
ぬるぬるボディゆえに皆から嫌われ、いつも一人ぼっちで黄昏れています。
終始ウジウジしているので、少々イラッときますが、今まで迫害されてきたであろう彼女の人生を思えば、致し方ないことではあります。
実際のところ、なめくじ女子をヌルヌルな体ごと愛せるかというと、相当ハードルが高いのは確か。
中途半端な覚悟で彼女の心に踏み込むと、悲劇が待ち受けているので気を付けましょう。

主人公は一応ヒトの形状をしてはいるようですが、その正体は人間ではないようで……。
一番得体が知れなくて不気味なのは、実は主人公だったりします。
何者なんだ、お前はっ。

人外女子たちは、普通の女の子っぽい部分もあれば、人外らしい部分もあり、独特の可愛さがありました。
個人的には知的クールな「せいほうたい」が好み。
もっといろいろな人外女子も攻略してみたいですね。

システム面では、セーブが1日の終わりにしか出来ないので、繰り返しプレイが少しダルかった。


【HP】じんがいっ!
【容量】9.17MB
novellognovellog │  
カテゴリ: 恋愛 

疑え!友人の恋人!

疑え!友人の恋人


推理小説をこよなく愛する女子高生の宮代早苗は、友人の森口加奈子から彼氏の浮気調査を頼まれる。
近頃、急に連絡やデートが減ってきて、態度も怪しいという。
放課後、加奈子が彼氏を屋上へ連れ出している間に、早苗が彼のバッグの中から浮気の証拠を探す手筈となった。
加奈子の彼氏は本当に浮気をしているのだろうか?


「シナリオの鉄人勝手にやってみた」企画参加作品。 

友人の恋人の浮気を探る、推理アドベンチャー短編。
彼氏のユウスケ氏のバッグの中身を漁り、浮気の真偽を推理します。

調べる対象は、
携帯電話の通話履歴とメール履歴、財布のレシート、スケジュール帳、友人から借りた品物。

ヒントは全く無いので、これらの証拠品だけで、自分で推理を組み立てなければなりません。

私の場合、最初に気付いたのは、ある人物の[品物]が怪しいことでした。
それから、その人物に焦点を合わせて他の証拠品も見てみると、いろいろと見えてくる部分がありましたね。

プレイヤーの好きなタイミングで「調査を終了」できるので、自分で気の済むところまで調べて、自分なりに答えを出せば、調査を終えて構いません。

正しい人物と最低限の根拠を指摘すれば、後は早苗が勝手に推理を披露してくれます。

早苗の推理を聞いてみると、私が気付いたアバウトな部分以外にも、証拠品と証拠品を結ぶ情報の緻密な照合が必要とされており、なるほど〜と感心しました。

自力で全ての証拠を暴き出すのは難易度が高いと思いますが、地道な作業が好きな人は、メモで情報をまとめながら挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

推理が苦手なライトユーザーのために、バッドエンドの後に考え方のヒントが用意されていても良かったかもしれません。

推理オタクな早苗のキャラクターが面白かったし、彼氏と男友達のBL説を力説する姿には笑った。

推理を間違えた後の、疑惑を残した終わり方も好きです。


【HP】ぞんびすたいる
【DL】ふりーむ!
【ツール】NScripter
【プレイ時間】30分〜
【容量】10MB
novellognovellog │  
カテゴリ: 推理 

ヤンデレラ

yanderera8

やたろー、ほのか、ひなたは仲の良い幼馴染。
子供の頃は、いつも三人で遊んでいた。
小学生の時に東京へ引っ越してしまったひなたが、夏休みのある日、久しぶりにこの町へ戻ってきた。
ひなたは言う。
「あなたは私の王子様。あなたに……魔法をかけてほしいな」


ヤンデレホラーADV。
久しぶりに戻ってきたひなたを迎え、幼馴染三人で、仲良く遊びます。

ほのかは、やたろーを好きなのに素直になれない勝気ツンデレ娘。
ひなたは、やたろーにアタックしまくる癒し系おっとり娘。

女子的には、したたかなひなたよりも、友情を大事にするほのかのほうを応援したくなるのですが……まあ、病んでしまえば、どちらの娘も似たようなものです。

昼は三人で遊び、夜はどちらか一人と逢瀬。
三日目にぬいぐるみをどちらの女子にあげるかによって、エンディングが分岐します。

エンディングの分岐条件は三日目のぬいぐるみの選択だけなので、それ以外は好きにプレイして構いません。
RPGツクール2000製でスキップできないので、正直、この仕様は助かりました。

片方の女子と両想いになった後は、ちょっぴりエッチな展開も有り。
彼女の服を脱がせて、ムフフフ……と思いきや……。

あとはタイトルからお察しの通り、ヤンデレホラーの開幕です。

ほのかはハサミ、ひなたは日本刀。
手足]を切断されるのと、[イチモツ]を切断されるのとでは、どちらがマシなのでしょうね(笑)
どちらの女子も、なかなかの病みっぷりで楽しめました。


【HP】CHARON (カロン)
【プレイ時間】1時間
【ツール】RPGツクール2000

novellognovellog │  
カテゴリ: サイコホラー 

隣人

rinjin1

郊外のアパートに越してきたフリーウェブデザイナーの悠木佳枝は、無人のはずの隣の空き部屋で白い人影を見る。
その日から様々な怪奇現象に悩まされるようになった佳枝は、上の階に住む大学院生の久松大吾と共に、隣室の謎を追うことに……。


三十路の女性と大学院生の青年が、アパートの隣室に潜む怨念の正体を探るホラーノベル。

質の高いフルボイスが大きな特長です。
老若男女問わず、全ての登場人物の台詞に声が付いていて豪華。
どうやらプロの声優さんが声を当てているらしく、さすがの演技力で安心して聴けました。

巧いボイスが付くことで、登場人物たちに命が吹き込まれ、驚くほど生き生きしています。
大吾くんの憎めない好青年っぷりや、内山編集者の如何にもデブなオタクっぷり、オカマバーのママさんの百戦錬磨なオカマっぷりなど、声の演技によって豊かに表現されていました。

特に内山編集者は、声のおかげでキャラが立ちまくりでしたね。
おそらく文字だけなら、もっと印象が薄かったのでは。

主人公の佳枝のボイスは、ギャルゲーのヒロインみたいな声だな……と思っていたら、本当にそちら系の声優さんだったようです。
いい年をした三十路女の役にしては可愛すぎる声で、プレイ中ずっと違和感を拭えませんでしたが、ボイス関連で気になるのはそこだけでした。

どこか頼りない三十路女と世話好きな年下青年のコンビは、見ていて微笑ましかったです。
プレイ中はどちらかというと霊に怯えるよりも、佳枝と大吾の微笑ましい関係にニヤニヤしてしまった(笑)

度々襲ってくる恐怖現象はかなり真に迫っているのですが、果敢に霊に立ち向かおうとする主役二人のおかげで、プレイしている自分も「怖い」というよりは「負けるか!」という気持ちになってきましたね。
そのおかげで、さほど怖すぎず、いい塩梅になったかもしれません。

タイトル画面やセーブ画面の左端に「スポンサーリンク」のボタンが付いており、その中にスポンサー企業の広告が掲載されています。
強制的に広告が表示されるわけではないので、特にプレイの邪魔にはなりません。

この広告費によって、プロの声優さんを起用したフリーゲームを実現させているということでしょうか?
ユーザーとしてもメリットが大きいですし、良い手法かもしれませんね。


【HP】Rosalia- ロザリア- 
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】3時間
novellognovellog │  
カテゴリ: ホラー・オカルト