ノベルログ

フリーゲームのノベル・ADVのレビュー(感想)など

Candy Box

candybox

「ねえ、徹ちゃん。あたしたち、もっと知りあうべきだと思わない?」
知り合って3カ月も経たない6月のある日、彼女の言葉が何を意味するか知ってなお、僕は頷いていた──。


iPhoneノベル『如月の宝玉』のスピンオフ。
恋に似ているようで恋ではない、“僕”と“彼女”の高校2年間の奇妙な関係を描いた青春短編。

互いに何らかの感情を抱きながらも、それぞれ恋する相手は別にいる。
そんな付かず離れずの微妙な距離感にドキドキしました。

性に奔放で、いつも明るくて、“僕”の心を全て見通しているような、甘いキャンディのような女の子。
恋愛系ノベルでよく見るタイプの王道ヒロインとは異なる明け透けな人間性が魅力で、“僕”が彼女に惹かれていく過程も納得できました。

一部に性描写も若干ありますが、性的興奮を煽るようなものではありません。

ほろ苦いラストにしんみりしつつも、どこか甘酸っぱさの残る作品でした。


【HP】これが好きだといいな同志を待つBLOG) 
【媒体】iOS/Windows 
【対象】18推 
【ジャンル】ノベル 
【価格】無料 
【プレイ時間】20分 
【ツール】Artemis Engine 
【容量】iOS版:54.7MB、PC版:24.6MB
novellognovellog │  
カテゴリ: 恋愛  スマホ(ノベル) 

わたしのおともだち

watatomo

わたしの名前はイシュア。森に囲まれた村でママと暮らしてるの。
村には何もないから森で遊んでるの。
おともだちもできたのよ。耳としっぽがある、ちょっと変わったおともだち。
森でおともだちと遊んでいることは、ママには内緒。
森にはキケンなおおかみさんがいるってママは言うけれど……?


幼女イシュアと森の“おともだち”の交流を描いた短編。
お花や小石など、10個のアイテムの中から“おともだち”が喜びそうな物を持っていってあげます。

人間の言葉を話せない代わりに、耳をピコピコ動かして感情表現をする“おともだち”がカワイイ。
イシュアの子供らしいあどけなさも可愛らしく、子供と動物のほのぼのとしたやりとりに和みました。

そうやってホンワカ和んでいると、アレな結末に行き着いてガックリ。
うん、まあ、そうなる予感は薄々していましたけどね……。

“おともだち”にあげた物によって、5種類のエンディングへ分岐します。
一応ハッピーエンドっぽいエンディングもありますが、一時の安穏でしかないことが分かりきっている結末が、果たしてハッピーと言えるのかどうか。

END1の[別離]エンドがおそらく互いにとって最も良い結果なのでしょうけれど、なんだか寂しいですね。
個人的にはEND4の[覚醒]エンドが好きです。

仲間狼のシラーのエピソードも、もう少し見たかった気が。


【HP】Mr,Escapism
【ジャンル】おともだちと戯れるAVG
【プレイ時間】周:10分/総:30分
【ツール】吉里吉里2/KAG3
【容量】8.2MB
novellognovellog │  
カテゴリ: ファンタジー・SF 

HANA-時計

神様なんていない。いるはずない。
いるんだとしたら、あまりにも世界は不公平すぎる──。


とある公園の花時計を舞台にした8つの短編集。

花時計には1時間ごとに変わる仕掛けが施されており、8つの短編の中で、登場人物たちがそれぞれの時間帯で異なる仕掛けに出会います。

登場するのは、人付き合いの下手な作曲家、将来に漠然とした不安を抱える優等生、恋人に酷い言葉で振られた女性、夫に先立たれ生き甲斐を失った老女など。

年齢も境遇も様々な彼らが1つの花時計と出会うことで、自分を見つめ直したり、前向きになれたり、ほんの少し変わったり変わらなかったりするお話。

特に大きな展開は無く、どうということはない話ばかりですが、心がほんのり温かくなる短編集でした。


【HP】Empty Shadow 
【媒体】iOS/Android 
【価格】無料 
【ジャンル】ノベル(選択肢なし) 
【プレイ時間】40分 
【ツール】Artemis Engine

novellognovellog │  
カテゴリ: 現代ドラマ  スマホ(ノベル) 

ワトソン : ザ・ビギニング (シャーロック・ホームズ) Watson : The Beginning (Sherlock Holmes)

watson

過労で倒れたホームズを連れて、田舎のライゲートへ療養にやって来たワトソン。
しかし、その土地でも殺人事件が起こる。
殺されたのは、大地主カニンガムの屋敷の御者ウィリアム。
ホームズは事件に興味を示すが、彼の身体を心配したワトソンは、ホームズの代わりに事件の解明を買って出ることに……。


ホームズとワトソンの小事件。
コナン・ドイル著『ライゲートの大地主』をアレンジしてゲーム化したもの。

療養中のホームズの代わりに、ワトソンが田舎で起こった殺人事件を調査します。
なぜかワトソンが美少女(笑)

ホームズの助言を得ながら、聞き込みや探索で手がかりを集めていきます。
適切な手がかりを選んで提示することで、警部さんを説得したり、犯人を追いつめたり。

手がかり(証拠)をドーンと突きつけて相手の証言を崩していくあたりは、微妙に『逆転裁判』を彷彿とさせますね。

間違った選択をするとホームズのワトソンへの信頼度が下がりますが、かなり簡単なので、ゲームオーバーになることはまずありません。
簡単というより、ホームズとの会話でほとんど答えが出ているので、あまり自分で考える余地が無い感じ。

美少女版ワトソンは、見た目は柔和な淑女なのに、従来の男ワトソンの口調で凛々しく振舞っていて、なんか萌える。
ちょっとした仕草もアニメーションで細かく作られていて、とても可愛らしい。
手がかりを突きつける時の強気なドヤ顔もたまりません。

作者さんは韓国の方なのでしょうか?
英語・日本語・韓国語の中から言語を選択できますが、日本語は文法の怪しい箇所がちらほら有ります。
単純に誤字脱字も多い。

ちょこちょこ粗の多い作りで、ゲーム的には物足りなさもありましたが、まあとにかくワトソンが可愛い。これに尽きる(笑)

もし続編があるなら、次はもう少し程良く思考できる難易度を期待したいところです。

【DL】App Store 
【媒体】iOS 
【ジャンル】推理ADV 
【価格】170円 
【プレイ時間】2時間 
【容量】26.5MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: 推理  スマホ(ノベル)