ノベルログ

フリーゲームのノベル・ADVのレビュー(感想)など

ユリカ

yurika

梅雨が明けた頃、新社会人の知則の家の隣に綺麗な母娘が引っ越してきた。
その娘の名前は百合香。
父親を亡くした幼い百合香を、知則はなるべく気にかけるようにするが、知則を見つめる百合香の眼差しはどこかおかしくて……。


奇妙な力を持つ少女のサイコホラー。

亡くなった父親に似ていると言い、知則に強い執着を見せる百合香。
百合香と接するうちに、少しずつ彼女の異常性が浮かび上がってきます。

プレイしている側は明らかにこの少女がヤバイことが判るのですが、主人公の知則は一向に百合香の本性に気付かず。

惨劇へのプレリュードといいますか、本当の恐怖はこれからだ……といいますか、知則逃げてー!!という感じのラストでした(笑)

百合香は小学五年生の子供でありながら、知則への態度の端々に“女”を感じさせる部分があり、そこもまた嫌でしたね。
じっとりとした粘着質な気持ち悪さがありました。


【HP】fragment 
【ジャンル】ノベル(選択肢なし) 
【プレイ時間】40分 
【ツール】Nscripter 
【容量】26MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: サイコホラー 

Cursed Mail

ある日、携帯電話に呪いのメールとやらが送られてきた。
知り合い2名にこのメールを転送しなければ、近いうちに命を落とすという内容だ。
くだらないイタズラだと思っていたが、その2週間後、クラスメイトが自殺した。
彼は呪いのメールを無視したのだという……。


呪いのメールの謎を解く学園ホラーミステリー。
主人公が呪いのメールにどのような対応をするかによって、9種類の結末へ分岐します。

1周目はあえて呪いを信じる方向でプレイしてみましたが、呪いのメールがじわじわと拡散され、主人公の周囲を侵食していく様は、なかなか怖かったですね。

現実で有り得そうなシチュエーションだけに、自分ならどうするだろうか、やはり怖くて転送するかもしれない……などと考えながら、感情移入できました。

どちらかというとホラーよりミステリー色のほうが強めで、クリアしてみると意外にも爽やかな青春物語でした。

1周目はセーブ・ロードが出来ず、1周目を終えて初めてタイトル画面が出る仕掛けになっています。

LiveMaker作品の場合、選択肢時のセーブデータの区別が付かなくて困るのが常だったのですが、本作はセーブデータに選択肢の内容が判りやすく記載されていて親切でした。


【HP】雨夜曲切 
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】周:20分/総:1時間半 
【ツール】LiveMaker 
【容量】19MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: ホラー・オカルト  ミステリー 

Sweet demon (Sweet Daemon)

sweetdeamonsweetdeamon2

ある月夜、人間界に悪魔が降り立つ。
彼は悪魔学校の試験を受けるためにやって来た。
課題は「人の心に働きかけ、その者を不幸にすること」。
人間が心の中に押し殺している黒い欲望を後押しして解き放ってやるのだ。
制限時間は、朝日が昇るまで。
街中でちょうど良い獲物を見つけた彼は、さっそく獲物のもとへ忍び寄るが……。


悪魔の少年が人間界で悪魔の試験に挑戦する短編。
激しい喧嘩をしているカップル、万引きしそうな少女……彼らの心の隙間に入り込み、不幸へ導くはずが、なぜかおかしなことに。

予想外の角度からのオチに、思わず「そっちかい!」とツッコんでしまいました。
言われてみれば、プレイ中もちょこちょこ違和感はあったのですが、さほど考えずに流してしまっていましたねえ。
うーん、やられた。

この坊ちゃんには、出来れば今の[優しい心]のまま成長してほしいですね。
悪魔としては劣等生ということになるので、厳しいかもしれませんけども。
坊ちゃんの将来が気になります。

作品タイトルが「Sweet demon」と書かれていたり「SweetDaemon」と書かれていたりするので、タイトルの表記は統一してほしい。


【HP】Wheat 
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】12分 
【ツール】YU-RIS 
【容量】19.1MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: 現代ファンタジー 

観察

kansatsu

大学に進学し、マンションで一人暮らしを始めて一年と少し経った頃、俺は何者かによるストーカー被害に遭うようになった。
大学でもバイト先でも、常にどこからか視線を感じる。
ゴミ袋が荒らされ、無言電話がかかり、誰かの爪や髪の入った封筒が届く。
そんな生活が続き、俺はだんだん部屋に引き篭もるようになるが……。


ストーカー被害に苦しめられる男のサイコホラー。

縦書き一行のみの不安定な文章が綴られ、追いつめられ病んでいく男の様子が伝わってきます。
調子の外れた音楽も不気味で、何が起こるか分からない恐怖を感じました。

ホラーでは定番の深夜のドアスコープも、目のアップなどの王道パターンとは異なり、意外なものが見えて面白かった。

考えてみると、たとえば外からドアスコープを覗くという行為は、異常ではあるけれども、行動の意味は理解できるのですね。
本作の場合、相手の行動心理が全く理解できないので、得体の知れない不気味さがありました。

ところどころに挿入される恐怖画像もきちんと怖くて、優秀なショートホラーでした。


【HP】Black Hemisphere 
【DL】ふりーむ! 
【ジャンル】ノベル(選択肢なし) 
【プレイ時間】5分 
【ツール】yuuki!novel Ver R9.7 
【容量】1.89MB
novellognovellog │  
カテゴリ: サイコホラー