loop2a

まどか町連続失踪事件から9ヶ月。
大学入試を控えるレミのもとに、一通の手紙が届く。
事件以来、一切の連絡をよこさなかった“彼”からの招待状だった。
彼の主催する船上パーティーで、『館』からの生還者たちが再び一堂に会することに……。


異空間サスペンス「LOOP THE LOOP」シリーズ第二幕。
前作の『館』メンバー11名に加えて、冴木の妹や部下、カイの恋人など、10名が新たに登場します。

今回の舞台は『船』。
何も分からず手探りだった前回と異なり、今回は異空間LTL(LOOP THE LOOP)の仕組みが既に解っているので、最初から皆で脱出に向けて行動します。

LTLで死んでも現実世界に生還できることが解っているため、LTL内における命の扱いが軽くなり、残酷な連続殺人が起きても、さほど深刻にはなりませんでした。

また、前回からの仲間は凶悪な犯人になり得ないことが確定しているので、悪い意味で安心してしまい、前作より恐怖が薄れてしまったのは残念です。

とはいえ、次から次へと人が死んでいく中盤のスピーディーな展開はやはり楽しめましたし、読者を飽きさせない作りになっていました。

終盤で、ある人物を説得するシーンが異常に延々と果てしなく続くのですが、長くてくどい上に熱弁の内容もチープで、そこはいささかうんざりしましたね。
作者さんの主義主張はもう少し控えめにしたほうが良いかも。

芸術家のアキは、前作からずっと何を考えているのか分からない謎の人物ではありましたけども、まさかああ来るとは。
次作『藝術家の庭』は、彼の内面に迫るシナリオになるのでしょうか?
これまでとはまた異なる様相になりそうで楽しみです。


【HP】sweet ampouleスマートフォン版] 
【媒体】iOS/Android 
【ジャンル】ノベル 
【価格】無料 
【プレイ時間】10時間 
【ツール】Artemis Engine 
【容量】46.2MB