phantom4

御劔(みつるぎ)の奇襲を受け、傷つき倒れる雪鬼姫(ゆきひめ)。
さらに鈴彦姫も攫われ、魔怪は窮地に陥る。
錬治は雪鬼姫のために、自らの記憶の扉を開けることを決意するが……。


三部作予定の第一部下巻。

これまでの「御劔神道」VS「魔怪」の対立に加えて、「神呪寺」という第三勢力が新たに登場しました。
御劔神道を遥かに凌ぐ、日本の霊的支配を担う一大密教ネットワーク。
この巨大勢力が人間と魔怪の対立にどのように関わってくるのか、見物ですね。

サラリーマンとして完璧に人間社会に溶け込んでいる土蜘蛛、和風ゴスロリ少女の鵺(ぬえ)、神呪寺の任務より限定フィギュアを優先する外人オタクの雷蔵などなど、また個性的なキャラがたんまり増えました。
下巻だけで新キャラ8人。
御劔のおかっぱ少年の南北も生意気で可愛い可愛い。

中でも、真打ち登場の佐須良姫(さすらひめ)は強烈でしたね。
人間でありながら、あまりにも異形なその姿に背筋が寒くなりましたが、話してみると案外理性的で、味方としては頼もしい存在かもしれない。

傷を負いながらの逃走、鈴彦姫の誘拐など、魔怪にとって危うい状況が続く下巻ですが、どんな危機も冷静沈着に切り抜けていく雪鬼姫の機転と統率力には惚れ惚れ。
こんなにも美しく有能な彼女が、常に錬治を気遣い、大事にしてくれているわけですから、錬治が骨抜きになるのも解ろうというものですが、このあたりから、何やら嫌な予感がじわじわと。

魔怪篇上巻では、人間たちに見殺しにされそうになっていた錬治を雪鬼姫が救い、魔怪たちが温かく迎えてくれました。
平穏な生活を願う心優しい魔怪と、魔怪を排斥しようとする冷徹な人間──そのような構図が描かれていました。
しかし、下巻に入ってから、ほんの少しずつ違和感が混ざり始め……。

「これは……来る……来るぞ……」と思いながらプレイしていたのですが、やはり下巻ラストで来た~~~

いやあ、清々しいほどの見事な[切り捨て]っぷりでしたね(笑)
管狐を助けた心温まるエピソードも、見るも無惨に砕け散りました。

次回の「御劔篇」では錬治はさぞかし辛い立場に置かれるでしょうけれど、まあ、自業自得ですね。
もし善良な主人公がこのような目に遭っていたら同情しただろうと思いますが、錬治の人格を思うと、せいぜい痛い目に遭って成長してね、というところか。
下巻を読了した後に、上巻で魔怪たちにモテモテな錬治さまを読み返すと、また別の意味で楽しめます。


【HP】九字 
【ジャンル】伝奇ノベル(選択肢なし)
【価格】735円(税込)
【プレイ時間】3時間 
【ツール】吉里吉里2/KAG3