rinjin1

郊外のアパートに越してきたフリーウェブデザイナーの悠木佳枝は、無人のはずの隣の空き部屋で白い人影を見る。
その日から様々な怪奇現象に悩まされるようになった佳枝は、上の階に住む大学院生の久松大吾と共に、隣室の謎を追うことに……。


三十路の女性と大学院生の青年が、アパートの隣室に潜む怨念の正体を探るホラーノベル。

質の高いフルボイスが大きな特長です。
老若男女問わず、全ての登場人物の台詞に声が付いていて豪華。
どうやらプロの声優さんが声を当てているらしく、さすがの演技力で安心して聴けました。

巧いボイスが付くことで、登場人物たちに命が吹き込まれ、驚くほど生き生きしています。
大吾くんの憎めない好青年っぷりや、内山編集者の如何にもデブなオタクっぷり、オカマバーのママさんの百戦錬磨なオカマっぷりなど、声の演技によって豊かに表現されていました。

特に内山編集者は、声のおかげでキャラが立ちまくりでしたね。
おそらく文字だけなら、もっと印象が薄かったのでは。

主人公の佳枝のボイスは、ギャルゲーのヒロインみたいな声だな……と思っていたら、本当にそちら系の声優さんだったようです。
いい年をした三十路女の役にしては可愛すぎる声で、プレイ中ずっと違和感を拭えませんでしたが、ボイス関連で気になるのはそこだけでした。

どこか頼りない三十路女と世話好きな年下青年のコンビは、見ていて微笑ましかったです。
プレイ中はどちらかというと霊に怯えるよりも、佳枝と大吾の微笑ましい関係にニヤニヤしてしまった(笑)

度々襲ってくる恐怖現象はかなり真に迫っているのですが、果敢に霊に立ち向かおうとする主役二人のおかげで、プレイしている自分も「怖い」というよりは「負けるか!」という気持ちになってきましたね。
そのおかげで、さほど怖すぎず、いい塩梅になったかもしれません。

タイトル画面やセーブ画面の左端に「スポンサーリンク」のボタンが付いており、その中にスポンサー企業の広告が掲載されています。
強制的に広告が表示されるわけではないので、特にプレイの邪魔にはなりません。

この広告費によって、プロの声優さんを起用したフリーゲームを実現させているということでしょうか?
ユーザーとしてもメリットが大きいですし、良い手法かもしれませんね。


【HP】Rosalia- ロザリア- 
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】3時間