2014-04-14-19-18-10


今日から高校生だ!
そう、そう思いたい。多分ここは高校だ。
ちょっと周りの人が変なだけで…。


人外だらけの高校に入学してしまった主人公が、人外の女の子たちと仲良くなる異色ギャルゲー。

3人の人外女子と交流を深めながら、1週間を過ごします。

概ねほのぼのしていますが、さすがは人外。
女の子全員、物騒な一面を持っているので、彼女たちへの接し方は注意するべし。

会話の選択肢によって、恋愛エンド、友情エンド、その他エンドへ分岐します。

「せいほうたい」は知的クールな立方体。
自分の形状がヒトではないことを自覚しつつも、人間としての矜恃を持ち、誇り高く生きようとしているようです。
言動はクールですが、主人公に好意を持つと、素直にその気持ちを伝えてくるのがクーデレ可愛い。
ただし、うっかり彼女の地雷を踏むと、過激にヌッ殺されるので注意。

「たがんちゃん」は5つの眼を持つ元気な女の子。
明るくノリの良い娘で、主人公にも気さくに話しかけてきます。
笑うと、5つの眼が全部ニッと細くなるのが可愛い。
一瞬、命の危険を感じる場面はありましたが、殺されエンドは無くてホッ(笑)

「なめくじ人間」はヌルヌルな体に悩む孤独女子。
ぬるぬるボディゆえに皆から嫌われ、いつも一人ぼっちで黄昏れています。
終始ウジウジしているので、少々イラッときますが、今まで迫害されてきたであろう彼女の人生を思えば、致し方ないことではあります。
実際のところ、なめくじ女子をヌルヌルな体ごと愛せるかというと、相当ハードルが高いのは確か。
中途半端な覚悟で彼女の心に踏み込むと、悲劇が待ち受けているので気を付けましょう。

主人公は一応ヒトの形状をしてはいるようですが、その正体は人間ではないようで……。
一番得体が知れなくて不気味なのは、実は主人公だったりします。
何者なんだ、お前はっ。

人外女子たちは、普通の女の子っぽい部分もあれば、人外らしい部分もあり、独特の可愛さがありました。
個人的には知的クールな「せいほうたい」が好み。
もっといろいろな人外女子も攻略してみたいですね。

システム面では、セーブが1日の終わりにしか出来ないので、繰り返しプレイが少しダルかった。


【HP】じんがいっ!
【容量】9.17MB