ノベルログ

フリーゲームのノベル・ADVのレビュー(感想)など

カテゴリ:RPG

なぜ二人は愛し合い百合となったか

ある日、弟は兄に呼ばれ、RPGのテストプレイをしてほしいと頼まれる。
どうやら兄の勤務しているゲーム会社でゲーム100本収録パックの企画があり、会計部の兄もゲームを作ることになったらしい。
最初のほうだけ作ってみたが自信が無いので、弟の感想を聞きたいと言う。
快く引き受けた弟は、早速プレイしてみるが……。


兄と弟の迷走RPG。
兄が趣味丸出しで作った行き当たりばったりなRPGに、弟が容赦なくツッコミを入れまくります。

ただでさえツッコミどころだらけのRPGなのに、会社の人に口を出されてシナリオを無理やり作り変えていくものだから、さらにカオスなことに。
次から次へとぶっ飛んだ展開になっていき、笑いっぱなしでした。

兄の穴だらけのシナリオから、RPGによくある矛盾まで、くまなく冷静にツッコミを入れまくる弟のツッコミスキルが半端ない。

RPGによくある時間制限イベントやミニゲームについては、弟と全く同意見です。
あれはダルいよなあ。

兄と弟の表情もクルクル変わって、見ていて楽しかったですね。
ゴミクズを見るような弟の軽蔑の眼差しが大好きだ(笑)

本作は百合ゲーム祭「Girls Party」の参加作品ですが、終盤までは百合要素の欠片もありません。

兄の作るRPGがどんどんおかしな方向へ行くうちに、ついには百合展開にまで……というのは、おそらくほとんどのプレイヤーが予想できるでしょうけども、まさか[内と外の二段重ね]で百合ってくるとは。

ものすごい力技の百合オチでしたが、思い返してみると、結構あちこちに伏線はありましたね。
百合云々を抜きにしても、大いに笑える良作でした。


【DL】Girls Party>エントリーNo.49 
【HP】- 
【プレイ時間】5時間 
【ツール】RPGツクール2000 
【容量】3.33MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG  ギャグ・コメディ 

王女様と薔薇の騎士

barakishi

ラオメデイア国の王女アトレイシアが16歳の誕生日を迎えた日、王女専属の近衛兵団「プリンセスガード」が創設された。
プリンセスガードの団長に任命されたのは、平民女子で構成された薔薇騎士団の若手女性騎士ガラテア。
その日から、ガラテアは王女のわがままに振り回されることに……。


おてんば王女と凛々しい女騎士の百合RPG。
百合的な選択肢を選ぶ毎に、主人公の女騎士ガラテアの百合度が上がっていきます。

ガラテアは普段はクールな美女なのに、百合方面に暴走すると、すっかりアレな人に。

侍女の部屋へ夜な夜な夜這いに通ったあげく、朝帰りのついでに黒ネグリジェのまま城内をうろついて怒られるガラテア様。
王女様と部下の女の子を二股かけて修羅場になった時の開き直りっぷりにも笑った。

本筋は王位継承を巡る真面目なストーリーのはずなのですが、ガラテア様の暴走がアレすぎて、ほとんど本筋は印象に残らなかったりして。

腹黒]神殿騎士の彼は、百合ゲーながらも存在感があって、なかなか良い[黒幕]でしたね。
最期]まで気取った言葉を吐いていた彼は、案外ガラテアへの気持ちは本物だったのかも。

戦闘がスムーズで、サクサク進行できて快適でした。
キャンセルキーで直前の行動をリピートできる機能が、ものぐさプレイヤーとしては、かなり有り難かった。

前作の『吸血少女』もそうでしたが、RPG探検隊さんのRPGはインターフェースが万遍なく整っていて、プレイしていて気持ち良いです。
この気持ち良さは大事ですね。


【HP】RPG探検隊 
【DL】Girls Party>エントリーNo.11 
【ジャンル】王女様百合調教推理ロマサガ風閃きサイドビュー隠し通路夜這いRPG
【プレイ時間】3時間 
【ツール】RPGツクールVX 
【容量】26MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG  百合 

神か魔王プラス

巫女養成で世界一を誇る聖☆エオレーヌ学園に首席入学した特待生のミーアは、寮でアリサ先輩と同室になる。
アリサ先輩は、成績優秀・容姿端麗で「神の子」と呼ばれているエリート上級生だった。
入学した翌日早々、ミーアは校長先生から特待生としての課題を言い渡されるが……。


コメディRPG。
RTPのみのRTP版と、キャラ絵を自作絵に差し替えたプラス版があります。

両方プレイしましたが、やはり自作絵が付くと華があって良いですね。
ミーアはRTP版とほぼ同じ印象ですが、アリサ先輩はRTP版よりクールでアンニュイな雰囲気になりました。

ほんの少し会話するだけの女生徒たちも全員バストアップ絵が追加されており、これがまた皆、可愛い。
女子校万歳。

自らを神と称する超絶マイペース自信家のアリサ先輩が素敵です。
彼女のハイクオリティな毒舌と下ネタのコンボに痺れる。

最初は自信満々でふんぞり返っていたミーアが、アリサ先輩を前にして一気に下僕後輩に成り下がってしまうのも笑った。

避妊具やら合コンやら洗濯物やら、ドリームの入っていない女子寮の現実的な光景が楽しかったので、女子校生活をほとんど味わえないままダンジョン突入→終了の流れは少し残念でした。
彼女たちの学園生活を、もっと見たかった。


【HP】サン・アンド・スターズ・ザ・ウェッブ(プラス版) 
【DL】Run Time Party!!>エントリーNo.13(RTP版) 
【プレイ時間】1時間 
【容量】588KB 
【ツール】RPGツクール2000 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG  ギャグ・コメディ 

ルート299少女 第1話「鳥沼モーテル」

曖昧な記憶のまま、得体の知れない「何か」から逃れる日々を送り続ける少女サヤ。
覚えているのは、「白い部屋」のベッドに寝ていたこと……。
自分を監視する者の存在を感じながら、サヤは「協力者」となり得る人物を追って山中の湖へ向かう。
しかし、土砂崩れで道を塞がれ、仕方なくモーテルで一泊することに……。


ドット絵に定評のある空気男さんの久々の新作RPG。
第1話は山中の辺鄙なモーテルが舞台。

モーテル周辺をウロウロして客や住人たちと交流しながら、改造デコトラを乗り回す非行じいさんと戦ったり、怪談ライブツアー中の稲川ズンジと戦ったりします。

相変わらず素晴らしすぎるドット絵のクオリティに脱帽。
サヤがトランクを足で開けて銃をズガガガッ!と撃つ一連の動作は、格好良すぎてシビれますね。

ユニークなイベントバトルやセンスの良い演出も健在で、空気男さん節が炸裂です。

あちこちギャグで笑わせてくれますが、終盤はダークな展開に。
]の正体は予想してはいたものの、実際にその姿を見ると、予想以上にエグくて戦慄しました。

「103号室の鍵」を入手している状態でクリアすると、おまけシナリオ「ROOM103」をプレイできます。


【HP】ペテン師達と空気男 
【プレイ時間】2時間半 
【容量】2.95MB 
【ツール】RPGツクール2003

novellognovellog │  
カテゴリ: RPG 

吸血少女

美少女吸血RPG。

眠りから覚めた吸血鬼カーミラ。
人間の生き血を吸って、力を取り戻しましょう。

「ノーマル吸血」で町の人間の血を吸い、吸血ゲージが溜まると、「アブノーマル吸血」で上級の血を持つ美少女を吸血できるようになります。

戦闘では攻撃中にタイミング良くキーを押すことでコンボが発動し、どこまでもコンボを繋げることができるため、ずっと俺のターン!が可能。
シンプルなシステムでサクサク強くなっていくので、ストレスが溜まりません。

クマのぬいぐるみを頭に乗っけて、ゴツい刀と鎌の二刀流で戦うカーミラが素敵。

デザインや演出面の質も高く、ヴァンパイアらしいゴシックな雰囲気が出ていて楽しめました。

戦闘訓練でフルボッコにされる使い魔のコウモリが哀れ。


【HP】RPG探検隊 
【プレイ時間】40分 
【ツール】RPGツクールXP 
【容量】15.4MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG 

らくがきランド

メッセージ性の強い短編RPG。

「みんなで個性的になろう」
謎の生命体・アクムによって見知らぬ世界へ呼ばれたあなた。
仮の姿であるロボットの体で、歪(いびつ)な世界を探索しましょう。

この世界で最も尊ばれていることは、“個性的”であるということ。
個性のある人間には価値があり、個性のない人間には価値がない。
この世界の人間は、誰もが個性的であろうと必死になっています。

テーマをひとつに絞って、短くシンプルにまとめられているので、わかりやすい。

グラフィックもストーリーもシュールで、残酷な寓話を連想させます。
『MOTHER』に通じるものもあるでしょうか?

この世界の住人一人一人の言葉が作者のメッセージ、作品そのものがメッセージです。
これぞ、フリーゲームの醍醐味かもしれませんね。


【DL】Vector 
【HP】YOUDAI ZONE(閉鎖) 
【プレイ時間】1時間 
【容量】540KB 
【ツール】RPGツクール2000 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG 

サイコ・プラトーン

psycho25psycho26

連続猟奇殺人事件が世間を騒がせている昨今。
地味で冴えないOLのヒロミは、昼は会社で同僚に苛められ、夜になると派手な姿に変身して街へ繰り出す二重生活を送っていた。
日常から離れた刺激を求める彼女の元へ、一通の不審なメールが届く。
それは選ばれし者に宛てられた「楽園」への案内状だった。
同じ境遇の仲間たちが集う「サイコ・プラトーン」の一員となったヒロミは、社会生活を捨て、彼らと共に「楽園」を目指すことに……。


サイコサスペンスRPG。
『サイコ・プラトーン』『サイコ・プラトーン完結編』の二編構成。

社会に馴染めない変人、異常者──「サイコ」と呼ばれる人々に送られた楽園への案内状。
その正体を探るために結成された「サイコ・プラトーン」の一員となったヒロミは、猟奇の世界へと足を踏み入れていきます。

主人公は元OLのヒロミと刑事カミオカの二人。
サイコ・プラトーンのメンバーとして「楽園」を目指すヒロミパートと、連続殺人事件を捜査するカミオカパートを交互に繰り返しながら進行します。
楽園への案内人と連続殺人事件の犯人は同一人物。
全く違う立場から同じものを追う二人の動向は、時に交差し、やがて同じ場所へたどりつくことに……?

戦闘はリアルタイムサイドビューバトル。
面倒な雑魚戦は無く、ストーリーに沿って固定の戦闘が発生します。
ドット絵のクオリティが非常に高く、細部までこだわった造形が素晴らしい。
MAX必殺技ではカットインも挿入され、派手なグラフィックが爽快です。
戦闘中には敵キャラとの会話などもあり、これがまた笑える。
実に様々な趣向が凝らされており、ともすれば作業になりがちな戦闘が、本作ではとても楽しいイベントになっています。

「サイコ・プラトーン」の構成員は七人。
変身願望を持つヒロミ、女装マニアのアキ、ハッカーのマキ、下着泥棒のノリさんといった初期メンバーに加え、連続盗撮魔の「カメラ小僧」、爆発物の専門家「マスクマン」、謎の存在「サイキック・リカ」が仲間になります。
変人、異常者、犯罪者……いずれも楽園への案内人に選ばれたサイコたち。

一方、連続殺人事件を捜査するカミオカ刑事は破天荒な偏屈男。
いつも突飛なことばかりやらかして、部下のイトウを困らせています。
それでいて切れ者で、子供に優しく、妻には弱い。風になびくコートが渋い。
そんなカミオカに振り回されている苦労性のイトウは、ドロップキックで健気に戦っています。がんばれイトウ。負けるなイトウ。

他にもエロ小学生やら洗面器仙人やらアケチンコ・ゴロウやら、サブキャラクターの一人一人までいちいち濃ゆい。
濃ゆい人々がひたすら濃ゆい会話を繰り広げており、笑いっぱなしでした。
エロネタギャグも多く、好きな人にはたまらん感じ。
ギャグ・シリアス共にエロ方面がアレなシナリオなので、どちらかというと大人向けかもしれません。

ストーリーのテンポが良く、スピーディな展開でどんどん進行します。
自衛隊との対決など、派手なアクションで大いに盛り上げてくれるのが嬉しい。
ビルの窓の外から戦闘ヘリに撃たれて窓ガラスが割れていくシーンなどはゾクゾクしました。
一方で、静的な描写も上手い。
月を背に並ぶ電話ボックス、電話ボックスの中の人影、魚、骨など、不気味で美しい心象風景が印象的です。
演出のセンスが良く、各場面が引き締まっていて心地よくプレイできました。

難点は、マップが無駄に広いうえに移動速度が遅いこと。
だだっ広いマップを、あちらからこちらへ、こちらからあちらへとモタモタ行ったり来たりしているうちに、かなり疲れてしまいました。
せっかくストーリーのテンポは良いのに、これのためにダレてしまったのが残念。

完結編の終盤は二つのルートへ分岐し、全く異なる展開を見せます。
各々が抱えている過去のトラウマや心の闇、禁忌の「楽園」プロジェクトの正体、そして……。
終盤は凄惨な結末へとまっしぐら。人もバタバタと死んでいきますので、お覚悟のほどを。

エンディングは各ルートに二種類ずつあり、計四種類。
ほとんどADVに近いので、RPGが苦手な方でも楽しめるでしょう。
こだわりのグラフィックとハイセンスなギャグが楽しい、良質なエンターテイメント作品です。


【HP】「HENTAIFILM」 http://www.cmo.jp/users/hentaifilm/ (2008年閉鎖)
【プレイ時間】(前編)2時間、(後編)5時間
【容量】(前編)2.76MB、(後編)5.17MB
【ツール】RPGツクール2003
【DL1】Vector:サイコ・プラトーン http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se328799.html
【DL2】ファミ通.com無料ゲーム:サイコ・プラトーン 完結編 http://www.famitsu.com/freegame/2003/0007.html

novellognovellog │  
カテゴリ: RPG  サスペンス 

勇者の憂鬱

RPGのお約束にツッコミを入れまくっているネタゲー。
勇者のユウと賢者のケンが愚痴ったりツッコんだりしながら、魔王を倒しに行きます。

「俺はその時点での最強装備を揃えないと不安で不安でしょうがないんだ」
「それ病気ですよ。ビョーキ」

「『はい』って即答したのユウさんじゃないですか」
「決定ボタン連打してただけなんだよ」

などなど、身に覚えのあるネタに苦笑。
思わず「あるあるある」と同意してしまうRPGネタが満載です。


【HP】カタテマ 
【プレイ時間】30分 
【ツール】RPGツクール2000 
【容量】463KB 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG  ギャグ・コメディ 

囚人へのペル・エム・フル

shuujin6shuujin20

かつて大いなる繁栄のもと築かれた古代エジプト文明の遺産、大ピラミッド。
エジプト考古学界の権威である土田教授と助手の黒江は、ピラミッドの地下に高度な文明遺跡を発見する。
しかし、侵入者を排除するトラップにかかり、鉱員が死亡。
性急な調査のため人手が足りず、教授は日本人の観光客たちを騙して調査要員に加える。
危険な罠を凌ぐための「人柱」として……。



ピラミッドを探索するホラーRPG。(1998年製作)

土田教授に騙されてピラミッドへ連れて来られたのは、9人の日本人観光客。
ツアーコンダクター、報道カメラマン、無口な少女、太った男、幼い女の子、そして卒業旅行で訪れた4人の高校生。
この高校生の一人「朝木歩人」が主人公です。

古代文明の謎に満ちた地下遺跡を奥へ奥へと進んでいく歩人たち。
そこで目にするものは、様々な神秘的な光景。
大空洞の中に輝く地底湖、そびえ建つオベリスク、古い帆船、数々の王像、膨大なヒエログリフ。
ドット絵の作り込みが半端ではなく、刻々と移り変わる光景を眺めるだけでも、充分楽しめました。

モンスターのグラフィックも仔細に描き込まれており、不気味さが引き立っています。
キャラクターは一昔前のアニメっぽい塗りで、それがまた作風と合っていて、一貫した雰囲気を保っていました。

「押す」「引く」「かがむ」「見上げる」などの行動コマンドを選択することでイベントが進行し、状況に応じて適確な行動をとることで、危機を回避していきます。

嘘ばかり吐いて人を困らせる倫、歩人に想いを寄せる葉子と寧、無口で攻撃的な早織、爽やかな好青年の水見……彼らにはそれぞれ悩みや秘密があり、「罪」を抱えています。
その「罪」を遺跡によって裁かれ、一人また一人と犠牲になっていくことに。
次々と襲い来る理不尽な裁きを、果たして防ぎきれるのか?

彼らの生死の行方は、歩人(プレイヤー)の行動次第です。
それぞれの状況にきちんとヒントが提示されていますので、それを見逃さず、落ち着いて対処していきましょう。

とはいえ、普通にプレイしていれば、大抵はヒントを見逃してしまうはずです。
そのような作りになっていますし、死亡者が増えれば増えるほど、物語も緊迫して盛り上がっていきます。
こう言っては何ですが、ファーストプレイは全員殺したほうが面白いかもしれません。

異国の地下遺跡で繰り広げられる凄惨な人間模様と古代の神秘。
冷酷な魂の裁きをくぐり抜けながら、ただ奥へ奥へと進むしかない歩人たち。
その最果てに待ち受けるものは……?

細部まで緻密に作り込まれたグラフィックとシナリオが素晴らしく、全てが絶妙に調和した美しい作品でした。

戦闘は容易で、プレイ時間も短くサクサク進むので、RPGが苦手な方でも気軽にプレイできるでしょう。


【HP】TSUKURIYA
【容量】4.9MB 
【ツール】RPGツクールDante98Ⅱ 
【要ソフト】D2Win
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG 

シリアの冒険

syria2syria1

シリアは鄙びた農村にある八百屋の一人娘。ある日、親友のリーズがシリアの元へ古文書を持ち込んでくる。そこに記された伝説のハンヌイ・サラダの存在。食べた者を至極の理想郷『黄金谷』へと誘う幻のメニュー。シリアは何故か、その伝説のサラダを作る羽目に……。

野菜探しRPGアドベンチャー。
モントローズ村を歩き回り、材料を集めて伝説のサラダを完成させることが目的です。

材料は卵、トマト、ほうれん草など、計11種類。
村の人達に話しかけて材料をわけてもらうことがメインとなり、そのために人探しやおつかいなどの小さなクエストをこなしていきます。
時にはハムをくわえた犬や、卵を守るニワトリと戦闘になることも。

戦闘はイベント的なもので、ほんの数回程度。
装備画面では1つ1つのアイテムがオリジナルグラフィックで表示されています。
フリルエプロンを手に入れたら、ぜひ着てみましょう。

シリアの装備は、大根(剣)・エプロン(鎧)・なべのふた(盾)。
この大根、なぜか戦闘を重ねるたびにパワーアップしていきます。
だいこん ⇒ 鋭いだいこん ⇒ 真っ二つのだいこん ⇒ 聖霊のだいこんへと。

聖霊のだいこんは、かつてこの地を祝福したと言われる古精霊の呪力が秘められている大根。
紅い燐光を発し、神々しい魔力に満ちています。
なぜ大根がパワーアップするのか。
それは誰にも分かりません。

平和な村の片隅で、大根となべのふたで死闘を繰り広げるシリア。
そんなシリアの戦いを、村の人達は誰も知りません。
家畜を相手に人知れず死線をくぐり抜け、ぐったりしているシリアの姿が笑えます。
ほのぼのとした馬鹿馬鹿しさと脱力感が魅力。

状況が変われば村の人達の台詞も変わることを念頭に置いて、こまめに話しかけていくと良いでしょう。
道具屋での買い物も忘れずに。

ヘルプメッセージが随時表示され、特殊な操作や進行ヒントなどの助言を与えてくれます。
コンフィグでヘルプの「off」「on」「full」を選択可能。
ロールプレイングやアドベンチャーに不慣れな方は、「full」に設定して最大限に活用されることをお勧めします。

シリアはいつも冷静で、真面目な女の子。
平和な日常を愛する彼女にとって、冒険はただ疲れるだけのようです。
彼女のささやかな冒険が眠れる予兆を呼び、やがて世界を巻き込む大きな渦になっていくわけですが、それはまた別の物語。
本編にあたる「リーズの冒険」は現在製作中。



【HP】辺境紳士社交場

【プレイ時間】2時間 
【容量】1.9MB 
【ツール】RPGツクール2000 
novellognovellog │  
カテゴリ: RPG