ノベルログ

フリーゲームのノベル・ADVのレビュー(感想)など

カテゴリ:同人体験版

ファタモルガーナの館 体験版

fata

「あなた」は気付くと、見知らぬ屋敷に居た。
傍に居た女中は「あなた」を屋敷の主だと言い、「あなた」の目覚めを喜ぶが、「あなた」には記憶が無かった。
女中は「あなた」の記憶を取り戻すため、この屋敷の歴史を見せると言うが……。


レトロな美しさが漂う西洋浪漫サスペンス。
謎の女中に導かれ、呪われた館で起きた様々な時代の事件を辿っていくオムニバスシナリオ。
作中のBGMに歌曲が豊富に使われており、絵画のような写実的な絵柄と併せて、美しく深みのある世界観を創り出していました。

体験版では第一章「薔薇の館」が収録されています。
年頃になっても兄離れできない妹と、白い髪の少女に恋をした兄。
幼い頃から仲睦まじかった貴族の兄妹の心がすれ違っていき、やがて悲劇へと至る物語。

オマケの「舞台裏」で「誰の立場で話を見るかによって変わってくる」と語られていましたけれど、私はシナリオ後半にはほぼ妹寄りで読んでいましたね。
自己本位的でわがままな娘ではあるのですが、心底悪い人間ではないし、気持ちが解る部分もあるし。
終盤のアレにはビビりましたけども(笑)
それでもやはり、彼女には同情してしまいますねえ。

物語の合間にもしばしば女中が「あなた」に向けて語りかけてくるため、あくまで館の歴史を覗き見ているという形で、冷静に読むことが出来ました。
住人に不幸をもたらす呪われた館が舞台なので、今後の第二章以降も悲劇だらけでしょうけれど、不幸な物語にどっぷり浸って感情移入しまくるのも疲れるので、これくらいの距離感で鑑賞できるのは有り難いです。

システム周りで難を言うと、文字速度が遅い。
コンフィグで最大限速く設定しても、遅い。
出来れば瞬間表示が欲しい。

また、文字が小さくて読みにくい。
もう少し大きなサイズで読みたくて画面をフルスクリーンにしようとしても、ウィンドウ調整機能が無い。
このサイズの文字を何時間も読み続けるのは目に厳しいので、完成版では出来れば改善していただけると嬉しいですね。


【HP】Novectacle(ノベクタクル)
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】1時間40分 
【ツール】吉里吉里2/KAG3 
【容量】75MB
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版  ファンタジー・SF 

ノネットカード 体験版

nonet

二年四組は崩壊しつつあった。
新しく発売されたカードゲームがクラスで大ブームとなり、生徒たちは授業中ですら対戦に興じる有様。
担任教師の松尾唱歌は、生徒たちにカードゲームを止めさせるため、自らもゲームに参戦することを決意する。
「敗者は勝者にカードを一枚譲らなければならない」というルールを利用して、生徒たちから合法的にカードを取り上げていく作戦だ。
クラスに平和をもたらすべく、松尾は「二年四組十天王」に戦いを挑む……。


女生徒たちと対戦するカードゲーム。
体験版では10人のうち3人と対戦可能。

10枚の手札の中からカードを交互に出していき、3×3マスの陣地を奪い合います。

「HP」というパラメータひとつで攻撃力と体力を両方兼ねており、相手より大きな数字のカードを重ねることで、その陣地を奪うことが出来ます。

属性の要素もありますが、要は数字の大きなカードが勝つということで、至ってシンプルなルール。
とはいえ、ボーッと配置して勝てるものでもなく、カードの配分を考える必要があります。

対戦相手の女の子たちがとても可愛いのですが、その可愛さが特にゲームに関係していないのは残念。
ストーリーモードがあるわけでもなく、対戦中も画面の右上に対戦相手の女の子の顔が申し訳程度に表示されているだけで、特に何か喋ってくれるわけでもありません。

サイトのキャラクター紹介を読むと、女の子たちにはそれぞれ個性的な性格が設定されているようなのに(個人的には杉山の性格が好み)、その個性がゲームで全く活かされていないのは勿体なく思いました。

カードゲーム自体は普通に楽しめます。


【HP】MUYM(Make Up Your Mind) 
【容量】45.2MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: SLG  同人体験版 

リザイン 体験版

日本有数の企業連合体・九竜グループの後継者として育った九頭竜要は、ある事件を境に九竜市を追放され、両親さえも死に追いやられる。
九竜への復讐を誓った要は、姓を変えて九竜市に舞い戻り、九竜学園生徒会に潜入するが……。


寝取り型復讐ピカレスク美少女ADV。R-18。
不遇の美少年が復讐のために「リザイン」という能力を操り、少女たちを籠絡していくストーリー。

単なる抜きゲーかと思いきや、なかなかシナリオに力が入っており、読み応えがありそうです。

ところどころに挿入されているオタ系ギャグは滑っているような気もしますが、謀略を巡らす主人公の復讐の行方には興味をそそられますね。

なんだかコードギアスをエロゲーにしたような設定と主人公ですが、学園の男子の制服までギアス風デザインになっているのは笑った。


【HP】シャーベットソフト 
【プレイ時間】1時間15分 
【容量】320MB 
【ツール】YU-RIS 
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版  R-18 

シュガードロップ・ブレイクアウト 体験版

12歳の誕生日を控え、皇女はそれまで育った屋敷を出て、本来の居城であるアヴァロン城へと戻ってきた。
皇帝の居ない帝都で、第一位の皇位継承者である彼女を迎えたのは、初めて会う父。
しかし彼女はまもなく、皇位を巡っての、貴族同士の醜い争いに否応なく巻き込まれることになる。


エウロ帝室の幼い皇女マーゴットが主人公。
『渡り鳥の門は遠く』の五年後のお話ということで、ロディスやジェラルドも主要人物として登場します。

マーゴットの一人称と三人称のテキストが交互に現れるので、最初は少し戸惑いましたが、慣れてくると、幼い少女のふわふわした視点と冷徹な神の視点の落差が、なかなかよろしいかも。

立ち絵が無く、写真背景とテキストで進行し、今までの作品とは少々異なる雰囲気です。
そういえば、Studio F#さんの作品で背景に写真が使用されているのは今回が初めてでしたっけ?

「渡り鳥」でお気に入りだったストーリーマップが本作でも採用されていて嬉しい。

体験版に収録されている序盤では、エウロの帝権争いと皇女マーゴットの危うい立場が描かれています。

公式サイトの紹介では、「ダーク乙女ノベル」「一部に暗い性的表現を含みます」との事なので、これから殿方の誰かと、そういうことになるのでしょうか。
この12歳になったばかりの、いたいけな少女が……?
ええと、たぶん無理矢理……?
そ、そんな鬼畜なっ……!?

公式サイトにあるタイトル絵がマーゴットと父親のツーショットであるのが気になるのですが、
あの、まさか、お相手は父親ではないですよね……。
実の父と娘で、ハハハ、そんな、まさかね……?

しかし、マーゴットが亡くなった母親に生き写しという不吉なフラグは既に立っているわけで。(ガクガクブルブル)

なんだか非常に嫌な予感がするのですが、続きが楽しみです。


【HP】Studio F# 
【対象】15推 
【プレイ時間】30分 
【容量】118MB 
【ツール】吉里吉里2
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版 

Indigo 最終体験版 [ WEB体験版3 ]

indigo4

海保一樹は六歳の時に殺人鬼に出会い、ただ一人生き残る。
その後、引っ越し先で何事もなく暮らしていたが、高校進学を機に、殺人鬼と出会った街へ再び帰ってきた。
藍色の少年は言う。
「海保くんは自分が無事に夏を迎えられるなんて、思ってないでしょう?」


最終体験版では、「能美のののプロローグ」「末川針子プロローグ」「草田勝太プロローグ(後半)」「海保一樹プロローグ」「海保一樹 1日目」「海保一樹 2日目」「桜野真菜 1日目」「小野瀬霧 1日目」「キャラクター紹介(立ち絵補完版)」が追加されています。

海保くんは巻き込まれ型主人公っぽい無害そうな顔をして、その実、かなり危うい存在のようですね。

indigoスーパースターに桜野、indigoスーパーヒールに小野瀬。
二人のindigoに二人のヒロインがそれぞれ付いて、対立の構図になるわけか。

なんで小野瀬さんは殺人モードになると「のだー!」口調になるのだー! 怖いのだー! 

針子ちゃんは西居さん(豚)にラブラブ光線出しまくりなのに、愛情表現が歪んでいるせいで、全く伝わっていないのが悲しいな(笑)

西居さん(豚)は針子ちゃんが惚れるのも納得のダンディズム。
フユガミの小太郎といい、半端マニアソフト作品のデブ男は何故にこうも格好良いのやら。

そして、出たよ出ましたよ、“屠傍衆”が……!
『冬は幻の鏡』でも屠傍衆という組織はまだまだ底が知れなくて、もっと屠傍衆の話を読みたいと思っていたのです。
まさかこの作品で再びお目見えになろうとは。
何気に道明の名前も出てきて、ニマニマしてしまった。
フユガミファンに嬉しい作品になりそうですね。(フユガミを未プレイの人は、是非やるべき)

異常者だらけの登場人物の中で、比較的普通の女子高生の部類に入ると思われるのののたんには和みましたが、とんぼちゃんに接触されているあたり、のののたんも普通の人間ではないのか?

殺人鬼、幽鬼、屠傍衆、その他謎の方々。
いろいろな意味で危ない人たちが続々と海保くんの住む街へ集結しており、一体どーなるのコレ?とワクワクが止まりません。

【HP】半端マニアソフト 
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】追加分:4時間45分(能P:20分、末P:20分、草P追加:10分、海P:20分、海1:1時間、海2:55分、桜1:50分、小1:50分)
【ツール】吉里吉里2/KAG3 
【容量】197MB
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版  現代ファンタジー 

渡り鳥の門は遠く 体験版

wataridori

名家や資産家の子弟が集う国立の男子寄宿舎学校、ペトルシキム・ギムナジア。
エウロの地方領主カスタニエ公爵家の跡取り息子である13歳のロディス・カスタニエ、トッカル大統領家の跡取り息子である14歳のユリウス=ノーマ・バートもまた、この学校で学ぶ生徒だった。
夏期休暇中に一足早く寄宿舎へ戻ってきたロディスとユリウスは、敷地の外れにある大鐘楼に出る幽霊の噂話を聞く。
好奇心旺盛なユリウスに強引に誘われ、ロディスはユリウスと共に夜中の大鐘楼へ忍び込むことに……。


寄宿舎学校を舞台としたジュブナイル・ノベル。
『メルクリウスの青い砂』の17年前、ニムロデ(ロディス)とノディ(ユリウス)の少年時代の物語です。
独立したストーリーですので、「青い砂」を知らなくても特に支障はありません。

「青い砂」では喰えない大人だったあの二人にも、こんな可愛らしい時期があったのだなあと、ほのぼのしました。
特にロディスは、成長してずいぶんヒネちゃったのね……(笑)

お子様たちが皆可愛らしく、彼らの思春期全開な学園生活を眺めるのは楽しい。
正直、セーラー襟+リボンタイ+寄宿舎学校という舞台設定だけで、ごはん6杯はイケる。

しかしながら、ロディスの学校での異邦人としての立ち位置、故郷エウロの抱える問題、下層階級のジルとの埋められない溝など、ストーリーはなかなか重く、さらに周辺では不穏な事件の影が見え隠れしており、気を抜けません。

ユリウス惨殺ENDは結構ショックでした。
ちょっとした行動のミスでそんな事態になり得る危険が彼らのすぐ近くに潜んでいることを、改めて認識させられた次第。
ごめんよユリウス、怖い目に遭わせて! もう死なせないから!

本作には「ストーリーマップ」というメニューがあり、シナリオを進める毎にマップ上で各シーンが時系列順に並べられていきます。
中心にメインストーリーが据えられており、その周辺に配置されているのが同時間軸の他視点のストーリー。
体験版では読める他視点はまだ少ないですが、二周目以降にはいろいろな視点がオープンになるようで楽しみです。
もちろん、シーン回想も出来る優れもの。

ただ、縦に長~~いストーリーマップを、ひたすら上下のボタン連打で1コマずつチマチマ移動するしかないのは厳しかった。
端から端まで一気にスクロールできる機能も欲しいですね。

システム周りでは、実は「青い砂」の頃からずっと気になっていたのですが、セーブなどのシステム画面から右クリックで戻れないのは不便。
また、(青い砂のハロウィンゲームでも書きましたが)メッセージウインドウを消去できないのも難点。
「青い砂」はアドベンチャーRPGだったので、システムの多少気になる点も、まあいいかと思って流していた部分があるのですが、本格的にノベルでシェアでとなると、もう少し改善が必要に思えます。

【HP】Studio F# 
【ジャンル】ノベル 
【プレイ時間】3時間 
【容量】212MB 
【ツール】吉里吉里2/KAG3
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版  ファンタジー・SF 

とつげき!人間戦車 体験版

ningensensha

人型兵器『人間戦車』が開発されて早20年。
圧倒的な戦車数を有する王国軍と、風前の灯火である帝国軍。
かつてはジャポン全土を支配していたジャポン帝国であったが、今は敗戦続きで見る影もない。
進退窮まった帝国将軍たちは、やむなく最後の切り札を打ち出す。
すなわち、『大本営』の凍結を解除──。


使い捨て戦術シミュレーション。
体験版は第04話まで。

第01話「大本営凍結解除」、第02話「帝都制圧連隊」、第03話「装甲列車を叩け!」、第04話「謀略の松元城制圧戦」。

かつて煉獄の軍師と呼ばれた大本営詔太郎が王国軍と戦い、帝国の劣勢を覆していきます。

『人間戦車』は人間より知能が低く、可愛らしい女の子の姿をした人型兵器。

敵ユニットも味方ユニットも一度攻撃を受けたら即死という一撃必殺スタイルで、出撃した人間戦車たちは呆気なく大量に死んでいきます。

一回の戦闘で多くの人間戦車を消費し、戦闘で得た物資を元に新たな人間戦車を生産して次の戦闘へ送り出すというサイクルで、まさに使い捨て。

「死にたくない!」と言いながら自爆して敵を撃破する自爆専用車両もいたりして、非常に罪悪感に苛まれます。

「人間戦車に人権は無い」と作中で言い切られているように、一人一人の戦車たちの命が紙のように軽いシビアな設定。

可愛らしい絵とユルいシナリオの中に残酷スパイスが効いており、独特の味を出しています。


【HP】焼肉万歳 -Yakiniku Oh! Yeah!- 
【ジャンル】SLG 
【プレイ時間】2時間 
【容量】309MB 
【ツール】ALICESOFT SYSTEM4.0 
novellognovellog │  
カテゴリ: SLG  同人体験版 

EDEN -最終戦争少女伝説- 体験版 ver2.00

クリス・カヌに守られ、核爆発から生き延びた市之倉隆。
カヌの説明によると、隆は12000年前に海に沈んだ国の『王』で、カヌは王の側近の『王室奴隷騎士団』の一人だという。
カヌたちの国は、何万年も前からずっとマヤ連合と戦争状態にあると言うが……。


現代ファンタジーアクションノベル。
体験版ver2.00は第一章中盤まで。

前回の体験版のラストでいきなりぶっ飛んだ方向へ行ったので、今後の展開に若干の不安を抱いていたのですが、それは全くの杞憂でした。

序章では想像できなかった大胆な世界観に驚きの連続で、新たな事実が判明する毎に、どんどん面白くなっていきました。
まさかここで伝説の[ムー大陸]が出てくるとは。

王である隆に対するカヌの忠誠心は半端なく、彼女の徹底した従順さには半ば呆れるほど。
隆の些細な言動でオロオロしてしまうカヌが可愛すぎて参った。
隆に怯えられたことを気にして、隆に近付けないメザロアさんも可愛すぎる。
王室奴隷騎士団の隆に対する従順さと、敵に対する冷酷さのギャップが恐ろしくも魅力です。

しかし、彼女たちの異常なほどの忠誠は、あくまで『王』という存在に対するものであって、隆の人間性は全く関係なさそうなところが気にかかります。
もし隆が『王』ではなかったとしたら、彼女たちの隆への態度は全く違うものになるのでは?

彼女たちの圧倒的な強さが爽快でした。
メッセージウィンドウをぶった斬る演出には仰天。
その発想は無かったわ。
ぐんねりと歪んだメッセージウィンドウの光景は異様で、非常識で、桁外れな力の顕現をまざまざと見せつけられました。

敵国の“蠍の記(セルケト)”の使い手が民啓学園のクラスメイト4人の中にいるという展開は、やはりそう来たかという感じです。
明らかに阿久津は怪しかったもんなあ。
もしこれで星口か佐井本だったりしたら笑いますが。

元クラスメイトに正体を知られたことで、隆が悪い予感を覚えているのは、絵夢を人質に取られる可能性でしょうね。
無力な一般人(たぶん)である絵夢が、この超人だらけの物語でどのような役割を果たしていくのかは気になるところです。

マヤ連合中央議会の面々は、個性がキッツイですね。
今回登場したゲバルト班のメンバーだけを見ても、ペニス丸出しの筋肉フェチ男、頭部半分のイカレ女など、変なのばかり。
筋肉男ドデモイの勃起モザイクはキモすぎて笑った。
何だ、この歩く猥褻物は。
「ペドロリス(ペド+ロリ)」「ドデモイ(どうでもいい)」など、男キャラの名前の適当さがヒドイ。

唯一まともだったギョスクイの死は残念でした。
いい人だったのになあ。
ただ、即死ではなく瀕死で、兄が中央議会の重要人物っぽくて、瀕死場所が『刺痕』のある地下道だったので、もしかしたら生きている可能性もありますね。

レンコはアリアリさんに薬物漬けで調教されてしまうのか?(笑)


【HP】LAST WHITE 
【プレイ時間】追加分:2時間10分 
【ツール】吉里吉里2/KAG3 
【容量】272MB 
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版  R-18 

暗い日曜日-Sombre Dimanche-体験版

kurainishiyoubi

雨の降りしきる六月、全国を震撼させる連続猟奇殺人事件が発生した。
「現代の切り裂きジャック」と噂されるが、四人目の犠牲者を最後に、犯行は途絶える。
──そして十月。再び巡ってきた雨の季節。
成瀬真人は悪夢の中で、巨大な斧を手にした兎のぬいぐるみに遭遇する……。


悪夢型殺人ビジュアルノベル。
仄暗いサイコサスペンス。

現実のようで、あちこちが狂った悪夢の世界。
不安定で、歪(いびつ)で、息苦しくなるような閉塞感があります。

タイトル画面の演出がいきなりグロいので、初めて起動する時は少し心の準備をしたほうが良いかも。

モニターをプツッと消したり付けたりするような場面転換と、その際に聞こえる「ピ、ピ、ピ」という音が気になります。
真人は現実では仮死状態か何かにあり、延命処置を施されながら、覚めない悪夢を見続けているとか?

夢の中で兎に殺された場合のバッドエンドのタイトルは「Euthanasia(安楽死)」。
夢の中で殺されると、現実でも死ぬ?

日曜日の学校にだけ存在する双子の弟の正人は、実在する人物なのでしょうか。
それとも、真人の心が生み出した架空の存在?
自宅の真っ黒に塗り潰された鏡などを見るに、真人が“正人”である可能性もあるかも。

健気な大型わんこタイプの後輩は唯一の癒し系……かと思いきや、その行動には数々の疑惑が。
彼の目から光が消えて濁った目になると、ギクッとしてしまいます。

人物も世界も、全てが謎だらけ。

切り裂きジャックが左利きというのは、殺人犯の正体を特定する手がかりになるのでしょうか。
真人は右手で左手の手首を切っているので右利きのようですが、覚えの無い左手指の打撲傷が気になるところ。
弟の正人は、右手で本を持ち、左手でページを捲っている立ち絵からすると、左利きなのでは?


【HP】ZIGZAG 
【対象】R-15 
【プレイ時間】50分 
【容量】62MB 
【ツール】NScripter
novellognovellog │  
カテゴリ: サスペンス  同人体験版 

ゴスデリ 体験版R1

学級崩壊のクラスを受け持つ小学校教師の不可咲貴路は、帰宅途中で奇妙な幼女・ローと出会う。
ローは僕(しもべ)となる《遂(ミニオン)》を探しており、何者かに追われていると言った。
ひとまずローを交番へ連れて行くものの、追手のハンターに襲われ……。


「ビジュアルモーションノベル」を名乗るだけあって、動的演出が半端ない。
カットイン、スライド、アニメーションを駆使しながら、とにかくまあ動く動く。

特に第3話「チキチキカバンモウレース」の疾走感、臨場感は素晴らしく、まるでアクション映画を観ているような興奮を味わえました。

いわゆる立ち絵というものが存在せず、場面ごとにどんどんCGが投入されていく贅沢な作り。
システム周りもしっかりしていて、申し分ありません。

元気にピョコピョコ動きまくるエージェント・スミスがキュート。
ハンター二人組も悪役っぽい外見とは裏腹に、実はイイ奴で可愛い。
絶火とスミスのやり取りは、楽しくて好きですね。
実直な主人公にも好感を持てます。

常に動きまくりの動的演出のためか、要求されるPCスペックは高め?
5~6年前の古いパソコンでプレイすると、序盤から重いわ遅いわ止まるわで、まともに進行できませんでした。
最近買ったばかりの新パソコンで再挑戦すると、スムーズにグリグリ動いて感動した。


【HP】PBP 
【プレイ時間】1時間 
【ツール】吉里吉里/KAGEX 
【容量】151MB
novellognovellog │  
カテゴリ: 同人体験版