ノベルログ

フリーゲームのノベル・ADVのレビュー(感想)など

カテゴリ:季節(バレンタイン)

チョコ返せ!

今日はホワイトデー。
先月のバレンタインデーに山々田は3人の男子生徒にチョコをあげたのだが、一向にお返しをもらえる気配が無い。
このまま、あげ損なんてイヤだ!
お返し欲しい!
「こうなったら自分から取りに行くしかないわ!」


2011年バレンタイン限定ゲーム。
バレンタインチョコのお返しを男の子からぶん取りに行くお話。

主人公がチョコを渡した男の子は3人。
腐れ縁の幼馴染、貧乏な後輩、謎の番長。

謎の番長がものすごく気になるのですが、残念ながら今回登場するのは幼馴染だけです。

それにしても、仮にも乙女が愛の告白的なことを言ったら、男の子は普通ドキッ☆とくるものなのではないのですか?
即座に「キモウザッ!!」「この売女!!」などとハイレベルな罵倒が返ってきて笑いました。
こんなことってある?(笑)

主人公と幼馴染くんは遠慮の無い関係のようで、互いに好き勝手なことをポンポン言い合っていて楽しい。
そんな風に憎まれ口を叩きつつも、実は主人公を好きすぎる幼馴染くんが微笑ましいですね。
なんだかんだで両想いで可愛らしい2人でした。


※配布終了

【HP】Bubble-Dog
【ジャンル】ADV 
【プレイ時間】5分 
【ツール】NScripter 
【容量】14MB 
【備考】2011/2/13-3/31限定配布
novellognovellog │  
カテゴリ: 季節(バレンタイン) 

バレンタインに見た夢

魔界出現事件から1年。
IMPO日本支部長に呼ばれ、ヨーロッパ本部から出張してきた雪街とアイラス。
支部長のセクハラにご立腹の雪街を、アイラスは何とか宥めるが……。


『魔法使いの見た夢』の2009年バレンタインノベル。
勇&ミカエル、雪街&アイラス、スコルピオ&ミュージックの本編後のバレンタインデーのお話。

雪街とアイラスが、いつの間にか両想いになっていて驚きました。
しかも忠義者だったアイラスがすっかり強気になっていてビックリ。
雪街に手作りチョコを要求するわ(たとえ恋人でも出張先で初心者にいきなり今日作れとか無茶言うな)、
料理習得まで要求するわ(すでに旦那気取りかよ)。
本編で寡黙に雪街に仕えていた頃のアイラスのほうが好きだったかも……。

ミュージックとスコルピオの在りし日の日常は微笑ましくて、切なかった。
久しぶりに本編をプレイして、生き生きとマッドサイエンティスト全開のスコルピオを見たくなりました。


【HP】Project Lips 
【ジャンル】ノベル(選択肢なし) 
【プレイ時間】18分 
【容量】41.5MB 
【ツール】吉里吉里2/KAG3
novellognovellog │  
カテゴリ: 季節(バレンタイン) 

わたしのせかい

今日はバレンタインデー。女の子の聖戦の日。
それはもちろん、わたしにとっても例外ではない。
今まで、わたしはことごとく失敗してきた。
初めてマフラーを編んだときも、調理実習でクッキーを作ったときも、先輩に渡そうとして渡せなかった。
だから、わたしは決意したのだ。
バレンタインデーの今日こそ、先輩にチョコレートを渡して告白する!


高校生の日切あこが大好きな柏木先輩にチョコレートを渡すために奮闘するドキドキ☆バレンタインゲーム。
……の皮をかぶった鬱ノベル。

プレイを重ねる毎に選択肢が増えていきます。

エンディングは10種類。
先輩とラブラブになったり、実は先輩が宇宙人だったり、なぜか殺人事件へ発展したりと様々な結末を迎えた後、END9「真実知覚」へ。

そして最後のシナリオ「世界解放」(END10)で、全ての真相が明らかになります。

たかがバレンタインゲームと高を括っていたら、思わぬしっぺ返しをくらいました。
コテコテのバレンタインパッケージから崩壊、無へと変化していくタイトル画面も良い。
なんともやりきれない、悲しい話ですね。

真相を知った後で主人公の妄想世界を再度プレイしてみると、現実世界とリンクしている部分や暗示的な部分がいろいろあって面白い。

やや残酷表現あり。


※配布終了

【HP】TRANSPARENCY 
【プレイ時間】周:5分/総:1時間 
【ツール】吉里吉2/KAG3 
【容量】6.57MB 
【備考】2007/2/14限定配布
novellognovellog │  
カテゴリ: 学園  季節(バレンタイン) 

あっち向いて、ホイ!

hoi1

高校生の主人公とヤヤ(矢部亜矢)は、仲の良い幼馴染。
毎朝「あっち向いてホイ」をして、鞄の持ちっこをしている。
小学生の頃から全く変わらない二人の関係を変えたくて、主人公はバレンタインデーにヤヤの気持ちを確かめようとするが……。



幼馴染の少女ヤヤとの関係を丁寧に描いた恋愛ノベル。

小学生の頃から8年間、ヤヤは毎年バレインタインデーに主人公にチョコをくれます。
毎朝一緒に通学して、鞄の持ちっこをして、ずっと変わらない二人の関係。
主人公はヤヤの気持ちを確かめるため、今年は他の誰かからチョコを貰ったふりをすることを思いつきました。
果たして主人公の計画は成功するでしょうか?

主人公とヤヤの何気ない会話がほのぼのしていて可愛らしいです。
会話の内容は実にどうでもいいことで、主人公がくだらない冗談を言ったり、それに対してヤヤがのんびりツッコんだり。
ヤヤのボケっぷりや主人公の空回りっぷりがアホらしくて笑える。

時折、主人公が過去を回想し、ヤヤとの思い出が挿入されます。
8年前、ヤヤがこの町へ引っ越してきた時のこと。
中学生になった日、新しい制服に身を包んだヤヤを見て、女の子だと意識した時のこと。
二人が「あっち向いてホイ」をするようになったきっかけ。
───そして高校生の今、ほんの少しだけ変わった二人の関係。

ラストの「あっち向いてホイ」の使い方も気が利いており、綺麗にまとまっていました。
ほんのり甘酸っぱくて、少女漫画のような可愛いラブストーリーです。


【HP】kumastory(閉鎖)
【プレイ時間】1時間
【容量】13MB 
【ツール】IMAGE

novellognovellog │  
カテゴリ: 恋愛  季節(バレンタイン)